カリキュラム │ 生産環境工学専攻 船舶工学特別コース │ 愛媛大学 大学院理工学研究科 博士前期課程

生産環境工学専攻 船舶工学特別コース

リンクアクセスお問い合わせ

カリキュラム

教育課程表

分類 授業科目 単位数 必修
選択*
開講時期
1年 前期 1年 後期 2年 前期
コア科目 船舶工学序論 2 必修    
基礎構造力学 2 必修    
船舶構造力学 2 必修    
構造解析学 2 選択    
材料強度学 2 必修    
船体運動学 2 必修    
環境施設設計工学特論 2 選択    
船舶抵抗推進学 2 必修    
船舶運動制御 2 必修    
発展・
総合科目
接合工学特論 2 選択    
先端材料学 2 選択    
連続体力学 2 選択    
船舶振動工学 2 選択    
粘性流体力学 2 選択    
流力弾性学 2 選択    
生産システム工学特論 2 選択    
設計工学特論 2 選択    
船体運動学特論 1 選択 集中    
船舶工学特別講義1 1 選択 集中    
船舶工学特別講義2 1 選択   集中  
機械工学特別講義 1 選択     集中
インターンシップ 4 必修 ○** ○** ○**
共通科目 応用数学特論1 2 選択    
応用数学特論2 2 選択    

*造船企業勤務の技術者,および船舶工学・造船工学関連学科の大学および高専専攻科の卒業者については,上記の全てが選択科目になります。

**インターンシップは、1年次と2年次の夏季休暇中に分けて実施し,合計で2ヶ月程度の期間実務実習を行います。

本コースの修了要件

造船企業勤務の技術者,および船舶工学・造船工学関連学科の大学および高専専攻科の卒業者

選択科目30単位,合計30単位以上を修得し,学位論文の審査に合格することが必要です。

船舶工学・造船工学関連学科以外の大学および高専専攻科の卒業者

必修科目18単位,選択科目12単位,合計30単位以上を修得し,学位論文の審査に合格することが必要です。

PAGE TOP